ティモシーとサラのこと

ティモシーとサラは、ふたごのこねずみです。

おとうさんとおかあさんと暮らしています。
遠くの村に住むおじいちゃんとおばあちゃんがいます。

友達のスーザンは、お隣さん。
近所に住んでるフローラさんやリックもよくお話に登場してきます。

使ってる画材は、透明水彩絵の具と色鉛筆です。

芭蕉みどりのプロフィール


1989年「ティモシーとサラの絵本シリーズ」第1巻『おたんじょうびのおくりもの』(ポプラ社)がデビュー作。

最新作『ちいさなとしょかん』は14作目になった。

そして、『チューリップのにわ』などの小型本シリーズ(ポプラ社)も10巻になる。

ティモシーとサラのシリーズ以外では、『コキヘフカシーモ3世おいものすきな王さま』、『くうちゃんとかんたのおまつり』。

偕成社から『サーカスのよる』がある。

 

好きなことは、旅をすること。本を読むこと。東北地方の縄文遺跡や、博物館見学、山歩きや温泉巡り。最近凝っているのは、水墨山水画。

ブナの林の中を歩くのが至福の時です。