絵本やホームページの感想をどうぞ!


当ホームページを訪問いただき、ありがとうございます。

 気軽に、一言 コメント (感想)を お書き下さい! 


コメント: 36
  • #36

    timothy-sarah (水曜日, 07 3月 2018 09:01)

    ハルさま、
    コメントありがとうございます。
    びっくりです。うれしいなあ。ありがたいことです。
    小学2年生のみなさんによろしく!
    それを私に知らせてくださったハルさんのやさしさにも感謝!
    図書館のお仕事、すばらしいですね。
    こどもたちと本をつなぐ架け橋として、これからもがんばってくださいね。
    本当にありがとうございました。

  • #35

    ハル (火曜日, 06 3月 2018 20:43)

    芭蕉先生、はじめまして。
    私は学校の図書館で働いている者です。
    今2年生の女の子のあいだで、ティモシーとサラのシリーズが大流行しています。
    私自身読んで育ってきているので、こどもたちと大好きな本を共有できるのがとてもうれしいです。
    本を読むのが苦手だった子も、たどたどしく文字を追って、「かわいいねぇ」と喜んでいます。
    本当に素敵な本です。ありがとうございます。
    これからも応援しています。

  • #34

    timothy-sarah (土曜日, 03 3月 2018 21:05)

    キャロルさま、
    いつもコメントありがとうございます。
    さっそく読んでくださったんですね。
    こんなにうれしいお言葉いただいて、どうしましょう。
    がんばって書いてよかったです。
    本当にありがとうございました。

  • #33

    キャロル (土曜日, 03 3月 2018 12:27)

    芭蕉先生

    こんにちは。
    この度は新巻ご出版おめでとうございます!

    「かあさんのすきだった木」。
    昨日私の元にも届き、さっそく拝読しました。涙が止まりません。
    これから手に取る方もいらっしゃると思いますので詳細は控えますが、私はリックのお父さんの言葉が特に心に残っています。親という存在について改めて考えたと同時に、いつかは分かりませんが自分が母となった時に子どもに伝えたいメッセージが詰まっていると思いました。

    ティモシーとサラのシリーズは大人になってから読み返すとまた違った印象があります。これからも節目節目で読み返していきたいです。

    素敵な作品をありがとうございます。大切にします。

  • #32

    timothy-sarah (日曜日, 18 2月 2018 14:09)

    博多のひとさま、
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    「チューリップのにわ」は、私も春になると思い出す作品です。
    覚えていてくださって、ありがとう。うれしいです。
    複製原画は、残念ながらありませんが、絵本そのものが、いわば複製原画みたいなもので、
    印刷も、校正刷りを何度もあげていただいて、編集者のかたと相談しながら作っています。
    ただ、原画とは若干違ってしまうのは仕方ないことなので、
    いつの日か、原画展などできたらなあ、そこで見ていただけたらなあ、などと、
    夢見ております。(あくまでも夢ですが)
    ともあれ、絵本の絵をお家に飾りたいと思ってくださったことが光栄です。
    ほんとにありがとうございます。

  • #31

    博多のひと (土曜日, 17 2月 2018 23:43)

    はじめましてです!
    小学校の低学年の時に母からクリスマスプレゼントでチューリップの庭のお話をもらい、とても好きでした。
    お話もさることながら、絵がとても好きで何度もページをあとがえって見ていました。
    大人になって母のピアノ教室に何か絵を飾りたいなぁと思った時にふとティモシーとサラがいいなぁと思って調べて、このサイトがあることを知りました。まさか作者さまと直接お話できるなんて!
    ただ、残念なことに複製原画とかは販売されていないんですね。。
    もし、機会があればぜひ額に入れてお家でいつも見れたらいいなあと思います。

  • #30

    timothy-sarah (木曜日, 15 2月 2018 07:38)

    たきぐちさま、
    コメントありがとうございます。
    うれしいなあ。おとなになっても、思い出してもらえて。また、小さい甥御さんといっしょに読んでもらえるなんて。
    こんな幸せなことはありません。ほんとうにありがとう。
    たきぐちさんも、イラストを描いてらっしゃるのですね。
    どんなイラストなのかな。素敵な絵を、楽しんで描いてくださいね。

    そうなんです、ティモシーとサラはほそぼそと、まだ続いているのですよ。
    来月頭くらいに、新刊「かあさんのすきだった木」が出ます。
    また読んでくれたらうれしいな。感想聞かせてください。

  • #29

    たきぐち (水曜日, 14 2月 2018 10:46)

    芭蕉先生、はじめまして。

    わたしは本嫌いの子どもでしたが、ティモシーとサラシリーズだけはだいすきで、A5サイズの絵本5冊と、大きいサイズのものも数冊、大切に読んでいました。
    とにかくティモシーとサラの、絵や、やさしい世界観がだいすきで、27歳になったいま、自分が絵を描くときの色使いや、服や家具を選ぶときのきもちは、どこかあの世界観に影響されているなあと感じることが多々あります。

    大人になり、しばらく読んでいませんでしたが、先日2歳半になる甥っ子に読んでもらうためにひさしぶりに絵本を開きました。
    細かく繊細な絵をじーっと見るのがすきな甥っ子ですから、ティモシーとサラシリーズのかわいらしい絵に目をキラキラさせて、「飴!」とか、「いちご!」とか、指差して喜んでいました。何度も「読んで」と言ってくるので、お気に入りだったようです。

    ふと芭蕉さんのプロフィールを拝見して、経歴が自分と同じなので驚いてしまいました。わたしも早稲田出身で、現在フリーのイラストレーターをやっています。
    小さいころ大好きだった絵本作家さんと、図らずも同じ道を歩んでいたことに、勝手ながら感動してしまい、コメントを投稿させていただくにいたりました。

    サイトを拝見したところ、ティモシーとサラの世界はいまも続いているとのこと、うれしいです。
    先日甥っ子と読んだ時も思いましたが、絵本は、大人になって読んでみてもじーんとくるものなのですね。
    また、自分のために絵本をひらいてみたいと思います。

    これからも応援しています。
    新刊、たのしみです!

  • #28

    timothy-sarah (木曜日, 25 1月 2018 09:45)

    キャロルさん、おひさしぶり。
    また見てくださってありがとうございます。
    大学生になっても好きと書いてくださって、うれしい!感激です。
    新しい絵本もうすぐできそうです。「かあさんのすきだった木」という本です。
    読んでくれたらうれしいな。
    いつもありがとう。キャロルさんも、お元気でね。

  • #27

    キャロル (水曜日, 24 1月 2018 23:01)

    芭蕉先生
    前回メッセージを送らせていただいた時から、3年が経とうとしています。あの時は高校生でしたが、今は大学生になります。何歳になっても、変わらずティモシーとサラは大好きな絵本です。

    久しぶりに先生のページを訪れると、新巻がもうすぐ出来上がりそうとのこと、とても嬉しく思いました。
    寒い日が続いていますので、今後もお体に気をつけてお過ごしください。陰ながら応援しております。

  • #26

    timothy-sarah (木曜日, 18 5月 2017 10:46)

    四潟さま、
    コメントありがとうございます。
    四潟さまの書いてくださった思いをたどっているうちに、私の方こそ涙があふれそうになりました。
    ああ、ありがたいなあ、絵本を描いていてよかったなあと、心から思える瞬間でした。
    生きているといろいろしんどいこともありますが、がんばっていこうと力をいただきました。

    今、ティモシーとサラの友達のリックを主人公にした番外編を描いてます。
    また読んでいただけたらうれしいです。
    本当にありがとうございました。

  • #25

    四潟 (木曜日, 18 5月 2017 02:27)

    芭蕉みどり先生、初めまして。
    十数年振りにティモシーとサラの絵本の事を思い出し、こちらのサイトにたどり着きました。
    ティモシーとサラの絵本に初めて出会ったのは僕がまだ小さかった頃で、
    祖父母の家に置いてあったものをよく読んでいたのを覚えています。

    つい先日祖父が亡くなったのをきっかけに子供の頃読んでいた絵本の話になり、
    どうしてもティモシーとサラの絵本を読みたくなった勢いで、
    「ふゆのよるのおくりもの」を買いました。
    恐らく20年越しくらいにはなると思います。本当に久しぶりに読んだのですが、
    妹がサンタさんに手紙とクッキーを置いた事、年の瀬に家族で祖父母の家に遊びに行っていた事、
    本の内容すべてが自分の子供の時の出来事に重なって、とても懐かしい気持ちになりました。
    不思議なのですが何だか涙まで出てきてしまいました。

    大人になった今改めてティモシーとサラの絵本を読んで、
    ティモシーやサラの気持ちが直接伝わってくるような、
    まるで命が吹き込まれているような絵本だなと感じました。
    まだ読んでいなかったものも含めて、
    シリーズを順番に買って全部読んでいこうと思っています。

    当時から時間は空いてしまいましたが、
    今こうしてメッセージやお礼をお送りすることが出来てよかったです。
    素晴らしい絵本をありがとうございます。

  • #24

    timothy-sarah (火曜日, 09 5月 2017 20:10)

    み様、
    コメントありがとうございます!
    ティモシーとサラの絵本が、大切なおじいさまとの思い出の一部になってるとしたら、
    こんな光栄なことはありません。感謝の気持ちでいっぱいです。
    今、また新しい絵本を描いているところです。大きな木のでてくる絵本です。
    また読んでいただけるようにがんばります。

  • #23

    (火曜日, 09 5月 2017 16:17)

    小さい頃、誕生日に祖父から「ティモシーとサラのパーティー」をプレゼントしてもらいました。
    子年だからかねずみが好きで、可愛いねずみの絵本にとっても喜んだのを覚えています。
    今年21になりましたが、今でも大事に部屋に飾っています。
    あたたかみのある絵が大好きです。可愛くてたまりません...
    祖父は5年前に亡くなってしまったのですが、祖父との大切な思い出の一つになっています。
    これまで特に調べたことはなかったのですが、ふと突然”ティモシーとサラ 絵本”で検索したらここにたどり着き、感想を書き込む場所があったので書いてみました。
    他にも何冊かティモシーとサラのシリーズは持っているのですが、2015年に出ている最新作は知らなかったので、これから本屋さん巡りに行ってきます。

  • #22

    timothy-sarah (日曜日, 19 2月 2017 17:54)

    よみ様、
    メッセージありがとうございました。
    やさしいお言葉が、はげましとなり、大きな力になりました。
    チューリップの季節がやってきますね。すてきな春を!
    本当にありがとう!

  • #21

    よみ (日曜日, 19 2月 2017 04:09)

    私が覚えてる記憶の中で一番昔に読んだ絵本がチューリップの庭です。一年生になって学校で読んでいたらクラスのみんなに貸してと言われて大人気でした!私の中では絵本といえばティモシーとサラのシリーズです。チューリップの庭を読んでから私も庭に球根を植えたほど影響力のあるえほんでした。15歳になった今読み返してみると内容も絵も私の趣味ピッタリでびっくりしました!こんなに素敵な絵本を描いてくださってありがとうございます。

  • #20

    timothy-sarah (金曜日, 28 10月 2016 15:23)

    コメントありがとうございます!
    うれしく拝読いたしました。
    こんなにも思ってもらえるなんて、ティモシーとサラは幸せ者ですね。
    ほんとにありがとう!これからも、よろしくね。

  • #19

    おたんじょうびのおくりものが大好きです。 (金曜日, 28 10月 2016 02:02)

    初めてであったのは小学生の頃でした。
    素敵な世界観に衝撃を受けました。
    18歳の今でも毎日の様に素敵な世界に入り浸っています。
    恐らく何歳になっても私はこの本をずっと読み続けます。
    そして大事にしていきます。
    こんな素敵な作品素敵な感動を届けてくださった作者様ありがとうございます。

  • #18

    timothy-sarah (金曜日, 15 7月 2016 21:28)

    みわこ様、
    コメントありがとうございます!
    私も、働きながら夜イラストの学校に通いました。楽しかったです。
    すてきな絵本が描けるといいですね。応援しています。がんばってくださいね!

  • #17

    みわこ (金曜日, 15 7月 2016 11:53)

    みどり先生こんにちは。

    小学生のころ、かわいいかわいいティモシーとサラの世界に夢中になり、学校の図書館で借りられて嬉しかったのを覚えています。

    いまは会社員をしているのですが、最近、小さい頃好きだったイラストを描きたい、絵本を描いてみたいと思いたち、イラストスクールにも通っています。

    ふと、ティモシーとサラのことを思い出して「パーティ」の絵本を購入したところ、
    先生のプロフィールを見て驚きました。同じ大学の先輩でした。
    美大に行っていなくても、こんなふうに素敵な絵を描いて職業にしている方がいるんだ!とすごく希望が持てました。

    絵本も、とても幸せな気持ちで読みました。こんなおうちに住みたいです。

    長くなりましたが、素敵なかわいい世界をこれからも楽しみにしています。

  • #16

    timothy-sarah (火曜日, 09 2月 2016 09:23)

    カノン様、
    コメントありがとうございます!
    ティモシーとサラの絵本が、お役に立ったなんて、光栄です。
    それを忘れずにいてくださって、わざわざコメントに書いて届けてくださったあなたの優しさにも感謝です。
    お子さんたちが喜んでくれる…、これ以上の幸せはないですね。うれしかったです。

  • #15

    カノン (月曜日, 08 2月 2016 22:45)

    みどり先生こんばんわ。
    初めまして。カノンです。
    ティモシーとサラシリーズの本との出会いは今から10年前、私が保育の専門学生の頃でした。当時私は絵本を読む授業や実習先での絵本を探しているときティモシーとサラの七色のキャンディ他2冊を購入させていただきました。
    ティモシーとサラの大きい本シリーズは少し長めのシリーズでしたので授業では私の努力もむなしく残念な結果に終わってしまったのですが、私はティモシーとサラのシリーズがとても好きだったので私自身満足です。しかし、保育実習での出来事です。七色のキャンディのお話で、見事挽回できました。お昼寝前のお話の時間に七色のキャンディを体験実習で披露しました。園児たちとのやり取り(キャンディはどんな味があったかな?皿が最後に食べたキャンディの味は何だったかな?などのなぞなぞをしました)
    園児受けがとてもよく指導員も良かったよと言ってくれました。
    七色のキャンディのお話は私にとってとても思い出深い絵本です。ホームページ見つけられてうれしかったです。またシリーズを一から読み返したいです。
    私は保育の道を断念しましたが絵本は大好きです

  • #14

    timothy-sarah (水曜日, 16 12月 2015 09:35)

    koishi2012様、
    コメントありがとうございます!
    クリスマスの雰囲気が出たらいいなあと思い、飾ってみました。
    クロツラヘラサギ君たちと、すてきなクリスマスをお迎えくださいね。

  • #13

    koishi2012 (火曜日, 15 12月 2015 19:16)

    timothy-sarahさん、こんにちは。
    トップページの クリスマスリースのイラスト、かわいいですね。
    ほんわか暖かい気分になります。

    「キュートな野鳥たち」には、クロツラヘラサギが登場する2012年のクリスマスツリーを、飾りましたよ。

  • #12

    timothy&sarah (火曜日, 15 9月 2015 09:38)

    やせつ様、
    コメントありがとうございます!
    絵をおほめいただき、うれしくて舞い上がってしまいました。
    教えるなんてとんでもないですが、いっしょに絵を描けたらいいですね。
    やせつさんの言葉を励みにして、これからもがんばります。

  • #11

    やせつ (月曜日, 14 9月 2015 21:22)

    本当に素敵な絵本です。
    絵が素敵すぎてすぅっと世界に引き込まれてしまいました。
    芭蕉先生は絵の講座等はされないのでしょうか。
    先生みたいな優しい絵が描けるようになりたいです。

  • #10

    timothy-sarah (水曜日, 05 8月 2015 17:17)

    ねこさま、
    人間語でのコメント、ありがとうございます!
    肉球ぷにぷにの手で、キーボード操作すごいですね。
    また、ご主人さまが見てない時にでも、コメントください。お待ちしております。

  • #9

    ねこ (水曜日, 05 8月 2015 00:55)

    どんな時代にも大切な、おもいやりの心がある、素敵な絵本。

  • #8

    timothy-sarah (土曜日, 06 6月 2015 17:43)

    pasobo2002 さま、
    貴重な情報、ありがとうございます。
    図書館検索サイトなんて、知りませんでした。
    さっそく、いろいろ調べてみますね。
    でも、ティモシーとサラの村の図書館は出てないですね。

  • #7

    pasobo2002 (木曜日, 04 6月 2015 12:25)

    山下 ゆうさん、こんにちは。はじめまして。
    「コキヘ・フカシーモ三世」、私も大好きな本です。
    今、Amazonで調べたら、中古本がありましたよ!
    また、お近くの図書館で借りることもできますね。
    図書館検索サイト「カーリル」で探すのが便利です。

    続編もよみたいですね (*^_^*)♪

  • #6

    timothy-sarah (月曜日, 25 5月 2015 17:50)

    山下ゆうさま、
    コメントありがとうございました。
    コキヘフカシーモを読んでくださってたなんて、「つう」ですねえ。感激です!
    実は、作者としても、この絵本は、大変思い入れがあって、自分でも好きな本なんですよ。
    だからとてもうれしいです。
    この本の絵は、全部手書きで、裏から彩色して、本当に手間がかかりました。
    続編もあったんだけどなあ…。日の目を見ませんでした。残念。

    最新作「ちいさなとしょかん」の中に、コキヘフカシーモのおならのシーンがちょこっとでてきます。
    よかったら、さがしてみてください。

    ちなみに、「コキヘフカシーモ」は、古本屋さんで売ってるみたいですよ。

    これからも、よろしく!

  • #5

    山下 ゆう (日曜日, 24 5月 2015 23:13)

    コキヘ・フカシーモ三世の絵本が子供の頃大好きでした。
    お芋が大好きな食いしん坊な王様。
    どんじゃんぶーって王様は起こしてもらえるんだとか。
    360カラットのエメラルドはミドリガメみたいとか母親に何度も何度も図書館で読みたいとねだりました。
    今度は私が親になって、あの沢山の料理が並んだテーブルとか、おならでお城がふっとぶのが面白くてというのを子供にも読み聞かせしてあげたいと、絵本をがんばって探してるのですが。
    絶版でなかなか出合えず・・。
    是非再販をしてください!!

  • #4

    timothy-sarah (金曜日, 06 3月 2015 17:00)

    キャロルさま、
    コメントありがとうございます。ちいさいころからずっと読んでくださっていたなんて、感激です。
    「ちいさなとしょかん」も、さっそく読んでくれたんですね。うれしいです。こちらこそ感謝です。
    ありがとう!

  • #3

    timothy-sarah (金曜日, 06 3月 2015 16:56)

    pasobo2002さま、
    いつも応援ありがとうございます。ホームページがんばります。

  • #2

    キャロル (水曜日, 04 3月 2015 15:23)

    小さい頃から、大好きな作品。全シリーズ(小型本含め)揃えています。もう高校生になりましたが、最新巻「ちいさなとしょかん」も拝読致しました。素敵な作品をありがとうございます。感謝を込めて。

  • #1

    pasobo2002 (木曜日, 26 2月 2015 20:20)

    こんにちは。
    可愛いふたごの子ねずみ 「ティモシーとサラ」の絵本、大好きです。
    ホームページも楽しみ!