絵本:ティモシーとサラ おたんじょうびのおくりもの

1989年11月 えほんとなかよし (1)
 おたんじょうびのおくりもの

内容(「BOOK」データベースより)

きょうは、ティモシーとサラのおたんじょうび。おじいちゃんとおばあちゃんから、おおきな つつみがとどきました。
わあ、なにかしら?
ティモシーとサラは、わくわくして、きれいなリボンのかかった はこを あけました。
ティモシーとサラの、すてきなおたんじょうびです。              

 --------------------------------------

 

1989年11月 えほんとなかよし (1) おたんじょうびのおくりもの

作者の言葉

 ・おたんじょうびのおくりもの

私の初めての絵本です。

フレーベル館の幼稚園雑誌に描いていたイラストを見て、当時のポプラ社の編集長が、
声をかけてくださいました。今もずっと、感謝しております。

たった一枚のイラスト(18ページの暖炉の前の絵)から膨らませて、一冊の絵本を作りました。

こんなに長く続くとは思っていませんでした。

読んで下さった皆さんひとりひとりに、感謝です。ありがとうございます。

絵本作家    芭蕉みどり

 --------------------------------------

コメント: 0