絵本:ティモシーとサラ おばあちゃんのかぼちゃパイ

1992年11月 ティモシーとサラの絵本 (3) おばあちゃんのかぼちゃパイ

内容(「BOOK」データベースより)

のねずみのティモシーとサラは、おばあちゃんがつくっているあったかーいかぼちゃパイができるまで、ふるいアルバムをみていました。
そこには、おばあちゃんのこどもだったときや、わかいときのしゃしんがはってありました。
でもふたりのはないのです。              

 --------------------------------------

 

1992年11月 ティモシーとサラの絵本 (3) おばあちゃんのかぼちゃパイ

作者の言葉

 ・おばあちゃんのかぼちゃパイ

この本を描いたころは、まだ今ほどハロウィーンの認知度が高くなかったので、「ハロウィーン」という単語はでてきませんが、
ハロウィーンのお話です。

もうすぐ来る冬の準備をするおじいちゃんとおばあちゃんと、これから人生が始まる子供たちが、一瞬出会い交差する時。

この本には、あとで一冊の本になる「もと」がいっぱいあります。

例えば、屋根裏の「シェリー」と書かれた箱。おばあちゃんが劇場で作っていたお姫様の衣装。のちの作品のヒントになっています。



絵本作家    芭蕉みどり

 --------------------------------------


コメント: 0