絵本:ティモシーとサラのピクニック

1993年11月 えほんとなかよし (23) ティモシーとサラのピクニック

内容(「BOOK」データベースより)

きょうはみんなでピクニック。おとうさんがおいしいサンドイッチをつくってくれて、さあ、でかけましょう。おかあさんがみつけておいたすてきなばしょへいそぎます。みんなでおひるのよういをしたら…。まあ、あめがぽつん。どうしましょう。

内容(「MARC」データベースより)

今日はみんなでピクニック。お父さんが大きなサンドイッチを作ってくれて、さあ、出かけましょう。お母さんが見つけておいた素敵な場所へ急ぎます。みんなでお昼の用意をしたら…まあ、雨がぽつん。どうしましょう…。

 --------------------------------------

 

1993年11月 えほんとなかよし (23) ティモシーとサラのピクニック

作者の言葉

 

・ティモシーとサラのピクニック

楽しみにしていた家族で行くピクニック。残念ながら、雨がぽつぽつ降ってきます。

あきらめきれないサラは、なんとしても出かけようとして、おかあさんにおこられてしまいました。

なにかひとつ歯車が狂うと、家族みんなの気持ちがばらばらになってきて、なんだか筏で漂流してるみたい。

でも、だいじょうぶ。おうちの中だって、ピクニックはできますよ。

いつの間にか、雨もあがります。


絵本作家    芭蕉みどり

 --------------------------------------


コメント: 0