絵本:くうちゃんとかんたのおまつり

2003年7月 えほんとなかよし (63)
くうちゃんとかんたのおまつり

内容(「BOOK」データベースより)

きょうはおまつり。くうちゃんとかんたのきょうだいは、いっしょにでかけました。たくさんのやたいのおみせとおみこしにむちゅうになって、ふたりははなればなれに。

内容(「MARC」データベースより)

くうちゃんとかんたの兄妹は大好きなお祭りに出かけていきますが、人ごみでいつしかふたりははなればなれに…。本の前後からそれぞれの話が進んでいくユニークな絵本。     

 --------------------------------------

 

2003年7月 えほんとなかよし (63) くうちゃんとかんたのおまつり

作者の言葉
・くうちゃんとかんたのおまつり

日本語は、縦書きも横書きもできる言語です。

この絵本は、その特性をいかして、右開きと左開きでお話がそれぞれ進行して、
くうちゃんとかんたの兄妹が、真ん中で出会うところで終わります。

おまつりは、「わっしょいわっしょい」の深川祭を取材しました。
描いてて本当に楽しかったです。

これを描いてる時、あんまりにも人をいろんな動物に擬人化してたので、
横断歩道で前から歩いて来る人が、みんな動物に見えてきて、
「あ、イノシシだ、あ、ゲラダヒヒだ」と、おかしくなりました。

そのあと完治しましたのでご安心を。今はちゃんと人間に見えております。

 

絵本作家    芭蕉みどり

 --------------------------------------


コメント: 0