絵本: ティモシーとサラ はながさくころに

2004年4月 ティモシーとサラの絵本 (8)
はながさくころに

内容(「BOOK」データベースより)

ティモシーは、はっとめがさめました。ともだちのミリーがよろこんでいるゆめをみたのです。さっそくミリーをたずねたティモシーは、まどべにすてきなかだんをつくると、つたえました。つちをほりかえし、フローラさんからいただいたたねをまきました。

内容(「MARC」データベースより)

ティモシーははっと目がさめました。友だちのミリーがよろこんでいる夢をみたのです。さっそくミリーをたずねたティモシーは、窓辺にすてきな花壇をつくるとつたえました。土をほりかえし、種をまきました。     

作者の言葉

・はながさくころに

「ティモシーとサラとたからのちず」で、友達になったミリー。

ティモシーは、病気がちなミリーを慰めようと、窓の下に花壇をつくることにします。

まわりの応援も受けつつ、ティモシーは最後までひとりでがんばります。

ミリーの心にも、希望の種がまかれました。

 

コメント: 0