絵本:ティモシーとサラ ありがとうのおくりもの

 2008年12月 えほんとなかよし (66)
ティモシーとサラ ありがとうのおくりもの

内容(「BOOK」データベースより)

 おばあちゃんのいえで、ティモシーとサラは、きれいなキルトをみせてもらいました。
それは、おばあちゃんとともだちのあたたかくて、かなしい、そして、なつかしいおはなしのつまったキルトでした…。    
  

--------------------------------------

 

 2008年12月 えほんとなかよし (66) ティモシーとサラ ありがとうのおくりもの


作者の言葉
・ティモシーとサラ ありがとうのおくりもの

お話の舞台は、おばあちゃんの家。

おばあちゃんの少女時代のはなしです。

サブテーマはキルト。手を黙々と動かす仕事が、古来どれだけの人を、悲しみやつらさから救ってきたことでしょう。

このお話を書くきっかけは、親友が病で亡くなったことです。心優しい友は心配させないように病気のことは最期まで
教えてくれませんでした。だから、私はお別れもお礼も言えませんでした。

この本の中の、シェリーの手紙は、私から天国の友への手紙でもあります。

 

絵本作家    芭蕉みどり

 

コメント: 0